読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみ様のお部屋

わがままお姫様がいろいろもの申すブログ

美女とイケメン②

 

 

一目みたその時から もう恋の虜

だから口説いて 結婚しよう

ベルは俺のものだから

 

美女と野獣 ♪朝の風景 ガストンのパート~

 

こんにちは。夢見みみです。

前回のつづき☆

 

 
美女とイケメン - みみ様のお部屋

 

冒頭の歌のように地球上の男をガストンにしてきた変わり者のベル(まりな)。

彼女がついに騙される。

 

まりなとイケメン(以下、れん)が出会ったのは某美容院。

まりなの担当がれんだった。

 

人気のサロン、れんはトップではないものの人気スタイリスト。予約はなかなかとれない。

平日夜や土日は女性客でほぼ予約が満席に。カットやカラーのときに来てくれ、シャンプー・トリートメントは別のスタイリストがやってくれる。

れんとゆっくり話したい…たくさん会いたい…!

 

まりなは比較的客の少ない平日昼間に週1で通った。

平日の午前中は奥さま方の予約が多いが、昼を過ぎると若干落ち着いてれんを独り占めできるチャンスも増えるのだ。

さすがに週1で通うとお得意様としてよくしてくれた。LINEを聞くこともできたし、Instagramもフォローしあった。

 

しかし、さすが有名美容師。女の子からのいいね!コメントが桁違いである。

モテ男ハンターまりなは燃えた。この砦、攻略せねば!!!

 

頑張って通うものの、なかなか客と美容師の壁を乗り越えられない。

プライベートの誘いもやんわりと断られる日々…。

 

まりな(これは彼女持ちか、女に誘われすぎて私には手が回らないかだな、、、)

 

珍しくまりなが弱気になり、週1で通っていた足はじょじょに重くなる。

月2回…月1回と減っていき、ついに1ヶ月と1週間美容院へいかずに月日が流れてしまった。

 

まりな(LINEは向こうからは絶対来ないし、美容院お金かかるしな…。もうあきらめようかな。)

 

 

そして2ヶ月が経った。

2ヶ月に1度はもともと美容院へ行っていたため、別の美容院をさがすまりな。

れんの美容院へいくのはなんだか気まずく、自分のプライドも邪魔して出来なかった。

 

すると…

 

ぴこん!

LINEのポップアップ。

 

まりな『え。。』

 

まさかのれんである。

いや、読者諸君も想像できたであろうタイミングだ。

 

 

れん『最近見ないけど、髪の調子はどうですか?』

 

いかにもな営業メール。だが、まりなは返信する。

 

まりな『お久しぶりです♪忙しくて行けてませんでした~(^^;そろそろ切りたいなって思ってました!』

 

れん『ほんとですか!よかった~まりなちゃん、もう来てくれないかと思ってたよ(T0T)

ちょっと伸びた頃だし、パーマかけてみるのとかどうかなぁって思ってたんだ。こんなの似合うと思うんだけど…

(写真)』←返信が速い(ポイント)

 

まりな『わぁ…わたしの好きな感じ!今度お願いしちゃいますね!』

 

れん『でしょ!俺、まりなちゃんの好み熟知してる自信あるよ( ・`д・´)笑

絶対似合うし可愛いと思う!』

 

まりな(トゥンク……)

 

あれ?まりなこんな簡単にオチるっけ?!?!

 

れん『予定があったらぜひ来てね!…あっ今日は俺おやすみだから、明日以降でお願いします!笑』

 

今日は俺おやすみ………

ここでまりなはつい一歩踏み出してしまう。

 

まりな『…わたしも休みです!よかったら、、ご飯でもいきませんか?』

 

れん『いいよ!ちょっと予定あるから、夜でもいいかな?』

 

まりな『大丈夫です。』

 

れんに指定された時間は夜9時。

遅くないか?夜ご飯、遅くないか…?

ちょっと不安になるまりな。

 

まりな(いつも仕事終わるの遅いみたいだし、この時間にディナーが彼のデフォなのかも。うん。そうよね。)

 

人間、好意を持ってしまうと自分や相手を正当化しようと自己暗示をかけてしまうものである…

いつもなら危険や不安を察知できる“女の勘”も、惚れた男の前では無力だ。

 

 

そして時刻は21時。○○駅で待ち合わせ。

まりながとびっきりのおしゃれをして向かったのは言うまでもない。

 

れん『ごめんね!こっちまで出てきてもらっちゃって』

まりな『いえいえ!』

※まりなは隣の県に住んでいる。

れん『どこ行こっか?お腹はすいてる?』

まりな『(え…夜ご飯食べるんだと思ってなにも食べてないからすいてるけど…)まぁまぁです!れんさんは?』

れん『んー…俺はあんますいてないな!』←?!

こう言われてしまうとご飯に誘いづらい。なんという。。。

ご飯いきませんか?って誘ったのに!夜抜いてきたのに!

そんな苦情はグッと飲み込むまりな。

まりな『そうですか~。じゃあどうしましょうか?バーとか?』

れん『あー…俺、酒ダメなんだよね…。昔からアレルギー?ていうかぶつぶつできちゃってさ…。

まりな『そ…そうなんですね!それは無理できません…ね……』

 

れんはとりあえずここ人多いし歩こっか。と進み始めた。着いていくしかないまりな。

 

まりなは考えた。

そこまで深い仲でない初めて二人ででかける男女が、夜の9時に食事もせず酒も飲まずに一体なにをするというのか?

カラオケ…?

ダーツやビリヤードで遊ぶ…?

その答えに読者諸君はとっくにお気づきのことと思う。当然まりなも。

しかし、考えたくはない。心の中で“その”答えでなければいいのに…と何度も思った。

 

れんが足を止めた場所は…

 

まりな『え…れんさん…?』

れん『ダメかな?まりなちゃんと二人でゆっくりお話したいな。』

 

ああ、やっぱり。やっぱりそうではありませんか。気づけばホテル街の真ん中に。

 

ここまで来て逃げ出すこともできず、まりなとれんは建物の中へ消えた。

ベッドへ入った瞬間、今までのプライドはどこへやら女の快楽へと変わったのだ。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

みみ・あやか『ヤリ逃げか。。。』

 

まりな『いや、逃げてないよ!朝まで一緒だったし、会計も半分だしてくれたし、駅まで送ってくれたし、もちろん避妊もしてくれた…し…』

 

まりなも自分で言いつつそんなの当たり前だ、と思っていたはず。

むしろ、ホテル代を半額だしてまで一緒にいれたことを“幸せ”だと思えたことに震える。

※れんに出会う前までのまりな↓

『ホテル代割り勘?!ないわー。全額負担安定でしょ。こっちは体使って満足させてあげてるんだよ?むしろプラスアルファ払ってほしいくらい。』

 

あやか『まぁ…今までモテ男狙ってきて、こういうのに引っ掛かんなかっただけ奇跡だよ。』

みみ『だね。下手したらライバル女からも危害加えられるし。これに懲りてもうマトモな彼氏作りなよ~。なんだかんだまりなは美人だし、まだイケるよ。』

 

まりな『二人ともごめん。わたし、本気なの。

 

あやか・みみ『え…?』

 

まりな『実は、ヤリ逃げじゃなくて、まだ繋がってるの。』

 

あやか・みみ『ええええぇぇぇえ?!?!』

 

 

つづく

美女とイケメン

 

昔むかし、あるところにとても美しい男がいました。

 

男は六本木のクラブで夜な夜なパーティーを開いては、美しい女性たちを招き毎晩のように踊り明かしました。

 

そんな中、会場に一人の老婆が現れました。

老婆は言いました。『外がひどい嵐です。一晩暖をとってもいいでしょうか。』

 

男と美しい女性たちは、老婆のその醜い容姿と汚い服装を嘲笑い、悩む暇なく老婆を追い出そうとしました。

 

老婆は『見かけの美しさに騙されてはいけません。本当の美しさは心にあるのです。』と言いましたが、男は聞く耳を持ちませんでした。

 

すると突然、激しい光が老婆を包み込みました。どうしたことでしょう。みるみるうちに醜い老婆は若く美しい女へと変わりました。

実は老婆は若い娘で、男ことを試していたのです。

 

男は慌てて美しい女に頭を下げましたが、もう手遅れでした。

女は男に協力な呪いをかけました。男の美しい容姿は、醜い野獣へと変えられてしまったのです。

 

女は一輪のバラを置いて、こう言いました。

『貴方が心から誰かを愛し、そして相手から心から愛されれば、この呪いは解けます。ただし、期限はそのバラの花びらの最後の一枚が落ちるまで。それを過ぎてしまえば貴方は一生、その姿のままです。』

 

女が去ったあと、男は絶望しました。

こんな醜い野獣を、いったい誰が愛してくれるのか……。

 

 

 

 

 

あやか『金じゃん?』

まりな『金だね。金があれば愛するね。』

みみ『ちょ、美女と野獣の美しい話を汚さないで!!!www

 

前置きが長くなりましたが、こんにちは。夢見みみです。

今回はみみの友人たちのお話…。

 

あやか:5年付き合っている彼氏あり。(イケメン。)結婚を彼にほのめかされ、ほかの男を見てみたくなり困っている。

 

まりな:10年彼氏なし。(高校以来。)高校時代は美少女ポジでモテていたが、最近は残念女に成り下がっている。

 

よく女子会をするメンバー。

まりなにスポットを当ててお送りします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

まりなは面食いで、モテる男が大好物。

ライバルがたくさんいる状況で自分が一番の女になる感覚がたまらないらしい。

 

あやか『今思えば、中学のときからそのスタンス変わんないね~』

まりな『そうなの!中学2年のとき、学校1モテる生徒会長を中3の女の先輩から奪った時から!』

あやか・みみ『うわ~~……』

みみ『昔はモテてたけど、もうそろそろキツいよ?w20代後半突入して立派なアラサーだよ?』

まりな『アラサーの中では一番若いもん!

 

なんというポジティブナルシスト…!

友達だからかな、特に腹もたちません。

他からは反感かいそうな子ですので、ストレス溜まっている方は読まないことをおすすめします。(今さら)

 

このポジナルシ女がさらにうざいwのが、

モテ男をオトす→ライバル女の中で一番になる→ライバル女いなくなる→モテ男が非モテになる(彼女=まりな一筋になる)

↑この最終段階で冷めてしまうのです。

 

要は難攻不落な砦を攻める段階と、敵兵と対峙する瞬間が好き。

安全圏にはいってしまうと興味がなくなる。

そう…恋愛はゲーム…。

こんなこじらせてるからマトモな彼氏ができないのです。

 

しかし、最近は以前のような攻撃力(容姿)、魔力(台詞)、防御力(貞操観念)、素早さ(若さ)がなくなり、砦攻略が難しくなってきたそう。

 

 

まりな『砦(男)を攻めるまえに、周りの敵兵(ライバル女)の強さ(スペック)に降伏しちゃうの…!』

あやか『やっぱり年齢気にしてるww』

みみ『イケメンかつモテ男なんて引く手あまただもん。そりゃおんなじ可愛いだったら若いほう選ぶよ。』

あやか『そうそう。20代前半と同じ戦にでることは死。』

 

まりな『あやかはイケメン彼氏いるもんね。。。みみは自分の戦場を把握しているというか。。。あえて古い砦を攻撃にいくよね。。。笑』

みみ『おいww』

まりな『おじさん狙いなくせに、年下とか同年代から好かれるよね。。。ずるい。。。』 

あやか『まりなはあざとすぎるんだよ。おじさんならそれでイケるけど、モテ男は見抜いちゃうからウケが悪いんだよ。』

まりな『…まさにそれ。見抜かれた上にこっちがハマっちゃった…』

みみ『ええ!!!』

 

 

次回、まりな騙される。

歴代の名探偵コナンを振り替える

急にどうした。というタイトルw

 

今回はわたくし夢見みみが勝手に歴代のコナン映画をランキングします。誰得ww

ネタバレあり。

 

みみは女性アイドルオタクで主に※スタダ推しです。

※(スターダストプロモーション北川景子などの大物女優、ももいろクローバーZなどが所属。)

 

スタダのアイドルちゃん達って『名探偵コナン』好き多いんですよね!!

というか、コナン好きな女の子はかなり多い。

年齢層は若めなので、みみもそろそろ映画館に一人で行くのはキツくなりそうである。

握手会のイベントへ行って、コナンで一緒に盛り上がれるのはいいけど、もっと突っ込んだ話したかった…と後悔したことが過去にありますw

 

 

では、早速ランキングにうつります。

(こういうのって、下位から発表したほうがいいのだろうか、、、?)

 

間をとって、ベスト10を発表します。

 

 

 

第10位☆水平線上の陰謀(ストラテジー)

 

 

 

こちらは小五郎のおっちゃんが一番活躍する回。

映画の小五郎は出番少なすぎですよね…

眠ってるか、起きてても『蘭!蘭!(あたふた)』か。

おっちゃんに惚れ直す回でした。

犯人といえども女性には優しいし。

このときばかりはコナンに空気よんで引っ込んでほしかった。w

確か推理のヒントにもなった、女性が男性とすれ違う時胸をかばって背を向けるってやつ。

わたし…女なのにやってない…

胸はDなのでぺたんこではないはずなのに…やってない…

と、男性とすれ違うたびにこの映画をおもいだします。

 

第9位☆純黒の悪夢(ナイトメア)

 

 

 

 

20周年作品で爆発的ヒット。今回は黒の組織予告詐欺ではなく本格的に絡むので、見に行った人も多いのでは。

なのにみみ的ランキングでは何故か下位なのは、終わったあとに悲しくなってしまったから…かな。

コナンはなんだかんだハッピーエンドで終わることが多いので、胸がギュッとなりました。

トーリーはとても好きです。

最後、キュラソーのイルカが真っ黒になってしまったのが…切ない。みなさんはどう捉えたでしょうか。

コナンは必ず二回みる(伏線回収のため)。

歩美、元太、光彦とキュラソーがオセロで遊んでて、途中で全部ばらばらに混ざってしまうなんとないシーンがある。探偵団と高木刑事がしゃべっておりそちらについ目がいくのだが、キュラソーだけ何やらオセロをいじっている。混ざってしまう前の状態に驚きの記憶力で戻しているのだ。そこでカメラワークが引きぎみでオセロを写すシーンがあるのだが、これがキュラソーの記憶力の特化を表してるのだな、と二回みてやっとわかったときかなり感動した。

コナンはカメラワークにも注意して細かくみなければならない。

あと赤井・安室もほぼメイン枠。どちらもファンが多いがここまでオールスターだと蘭、園子、小五郎の空気感がすごい。w

来年は予告で『ゼロ。』とあったので、安室透(降谷零=バーボン)みたいですね。

 

第8位☆絶海の探偵(プライベート・アイ)

 

 

 

 

コナンがホームズなら、哀ちゃんはワトソンだ。仕事が早い。平次もコナンのためにあれこれ協力して、スムーズに事が進んでいく。

笑えるのが、

平次『ちっさいねーさん(灰原のこと)』

博士『哀くんは元は科学者じゃからのう』

和葉『科学者?子供やん!』

博士ww隠してww哀ちゃんも容赦なくパソコンカタカタカタカタするし怪しすぎるw

 

途中で蘭ねーちゃんの毎度おなじみ格闘シーン。これでまさかの。。。

その後、コナンが眠りの小五郎推理を始めるが、こっちは蘭が気になって仕方ない。もう事件とかいいから!!蘭を探して!!ってなる。

おかげで犯人誰こいつ?と何回みても思う(バカ)

光彦の序盤の電波時計とか完全にフラグだったけど、どちらかというと小五郎のおっちゃんの金ぴか名刺がグッジョブである。

自衛官『日没後は気温の低下が激しく、遭難者の体力を考えると…』

イムリミットをむかえ、蘭の救出は絶望的となったとき、

園子『日没とか関係ないわよ!!探してよ…蘭…見つかるまで探してよ!!』

はい、ボロ泣き。

園子×蘭も好きだから、感情移入しすぎてまずい。

 

 

第7位☆14番目の標的(ターゲット)

 

 

劇場版 名探偵コナン 14番目の標的 [DVD]

劇場版 名探偵コナン 14番目の標的 [DVD]

 

 

 

コナンカップルはどのペアもほっこりできて好きだが、小五郎×妃弁護士ももちろん大好き。

トランプがテーマの計画殺人でミステリーとして楽しめる。目暮警部が十三(じゅうぞう)という名前なのは驚いたwうまくトランプ揃うもんだなぁ。

この回を見てから、人質になったときは足を撃たれたふりをしようと思うのだが、使う機会はまだ訪れていない。(一生訪れなくていいw)

話題のKISSシーンは、つい息を止めてみてしまいます。

 

第6位☆異次元の狙撃手(スナイパー)

 

 

 

 

 予告をみて『スカイツリーww』と散々言っていた印象が強いが、初っぱなから掴みがいい。

なんといっても感動の瞬間はラストのほうで沖矢が赤井秀一の声で『了解』と言ったところ。

あの時映画館の観客達が息をのんだように空気が静まりかえった。

 

世良さんもかっこいいけど、ラストの蘭が最強。

園子と歩美ちゃんと世良さんの敵キックは何度みてもスカッとする。

 

 

第5位☆天国へのカウントダウン

 

 

 

歩美ちゃんが唯一活躍する回。(ひどい)

蘭や園子や哀ちゃんがピンチヒロインになると慌てるのだが、歩美ちゃんが犯人に捕まると『なにやってんだよ…』と思う自分がいる。

少年探偵団大好きなんだけど、基本光彦以外足を引っ張るよねwまぁそのほうがハラハラするけどさwもう光彦しか頼りにしてない。

 

 

第4位☆瞳の中の暗殺者

 

 

 

 

蘭×新一がアツイ。

みみは新一並みに蘭ねーちゃんが大好きで、蘭のピンチにはコナンよりも先に『らぁぁぁーーーん!!』と叫ぶくらいである。

蘭の記憶喪失はかなりショックだったし、蘭の優しさに震えた…。悪いのは犯人だよと言ってあげたい。

噴水のところで記憶か戻ってからは蘭のターン!とばかりに胸が高鳴った。

新一のくさい口説き文句もいい。

 

第3位☆ベイカー街(ストリート)の亡霊

 

 

  

人気作といわれてよく名前があがるのがコレ。

映画のコナンはアクションがメインなものが多いが、これは謎解きもありつつ子供でも世界観に入っていける、ファンタジーでミステリーな作品である。

途中コナンと蘭がシャーロキアンすぎてわたしたちを始め、少年探偵団や諸星くんたちも置いてきぼりになるがそこもじわる。

みみもシャーロック・ホームズは全巻読破したが、事件の日にちなど全く覚えてないのでこのゲームに参加していたら簡単にしんでいただろう。

 

第2位☆迷宮の十字路(クロスロード)

 

 

劇場版 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード) [DVD]
 

 

 

服部平次ファンにはたまりません。最新作のから紅より平次かっこいいと思う。

いつもコナンは犯人泣かせのチートアイテム・キック力増強シューズで無双だし、蘭ねーちゃんもピンチのヒロインだけど、銃避けられるから無双だしで、バトルシーンは比較的安心してみられる。が、平次はチートアイテムを使用せず生身で戦うからすごい。最後までハラハラした。謎解きもおもしろい。

 

第1位☆時計じかけの摩天楼

 

 

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 [DVD]

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 [DVD]

 

 

 

正直、トップ10はみんな好きすぎてランク付けが難しかった。なんなら、気分によっては2位と5位が逆転しそうなくらいである。

 

が!

これは文句なしの1位。

結末がわかっていようが泣けるし、伏線に震える。

悪役の『3分間くれてやる』は死亡フラグなのだろうか…(他はラピュタくらいしか思い付かないw)

ほんとにこの作品は蘭の強さに尊敬する。女子高生がひとりで爆弾解体て。新一と信頼しあってるのがなんともいい。

こんな絶望の中でも取り乱すことなく、『新一、ハッピーバースデー』って。泣くわ。

始めてみた時は最後の二本のコードで『蘭!!切るな!!蘭!!』とコナンと叫んだものだ。

あとは中盤の、電車がただ走るだけなのに『キミがいれば(コナンのメインテーマ)』が流れるとあつくなる謎心理w

あれでも胸があつくなって涙でるわ。

 

 

キミがいれば

キミがいれば

 

 

 http://sp.nicovideo.jp/watch/sm11527433?ref=search_patternc_num3&cp_in=wt_srch

 

正直に言うと、ランキングに一時間も迷った。無駄だったが有意義な時間だった…(と思いたい)

コナン好きだわー。結論。

 

以下、ランク外の作品。

こうしてみるとわたし、キッド様嫌いなのかな?ってくらいキッドものばかりである。w

 

世紀末の魔術師

銀翼の奇術師(マジシャン)

探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)

紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

戦慄の楽譜(フルスコア)

漆黒の追跡者(チェイサー)

天空の難破船(ロスト・シップ)

沈黙の15分(クォーター)

11人目のストライカー

業火の向日葵

から紅の恋文(ラブレター)

 

 

どれも二回以上みたが、11人目のストライカーは一時期ネタになったサッカー選手の棒読みで話が頭にはいらず、リピートしていない。

なんなら初デートで見に行って、空腹すぎて爆音がなり、恥ずかしくてそれどころではなかった。終わったあと彼氏にすぐさま『お腹すいたでしょ?ご飯いこう』と言われたのは言うまでもない。

五郎丸の焼おにぎりのCMも、『好き。(棒読み)』だしな。アスリートにそれは求めちゃいけないんだきっと。

今度みてみます。

 

最新作のから紅について語るとすると。

トーリーの落ちはなんとなく読めちゃう。『どうせ服部のことだから、紛らわしい言い方したんでしょ(結婚)』

あと、百人一首会場の万全なセキュリティが完全な内部犯フラグw

あの認証するタイプで外部犯はキッドだけだものね。(業火の向日葵といい)

 

ネットでは『見たら女はみんな遠山和葉になる』と話題らしい。そういう目線かw

あのふたりはいつまであの掛け合いを続けるのか…かわいいからいいけど。

平次ィ!読者にはなァ、平次の初恋の相手が和葉ちゃんってことバレてんねんでー!(迷宮の十字路より)いい加減素直になりィ!

 

せやかて工藤。。。

アイドルオタクくん③

こんにちは。夢見みみです。

 

★前回の続き

 
アイドルオタクくん② - みみ様のお部屋

 

あれから、ドルオタくんとはお友だちみたいになりました。

 

婚活パーティーで出会う人との流れって、人それぞれかもしれませんがみみは毎回こんな感じで、

 

0.5回め→パーティーアフターにご飯

 

1回め→ディナーデート

 

2回め→休みあえば1日デート、あわなければディナーデート

 

これを繰り返す感じです。

 

 

相手がヤリ目だった場合。

0.5回めでいきなりホテルに誘ってくる人は完全にやばい人だけど、なんとかそれにはまだ出会ってないです。

 

1~3回めの間に

「今夜はもっといっしょにいたいなぁ」

「二人きりになれるとこに行かない?」

など誘ってきます。こ、こわい。。。

 

上記の言葉を言わなくても、カラオケに誘ってくる人は警戒しますね。

ご飯も個室はいいのですが、お座敷タイプの個室はちょっと怖いです。

周りの目がないと、急に距離を詰めてくる人っていますからね。。。

 

 

※0.5回めのあとに、未遂ですが誘ってくる人に会ったことがあります。(完全に地雷w)

↓下記参照


ホワイトキーでカップリングした男性が。。。 - みみ様のお部屋

 

 

これまでの記事にも書いていますが、みみは貞操観念が強いです。非処女なため説得力はかなり低いですが。。。

「どうして元カレはよくて、俺はだめなの?」←よく言われる台詞

 

経験があることを隠してしまえば楽ですが、実際に関係を持つことになったときバレるので、素直にいってます。

 

そんなみみですが、ドルオタくんとの1回めのデートでふっつーにカラオケ行ったんですよねw

本当になにもなく、座る場所もちょうどいい距離感でアイドルソングで盛り上がりました。

男女の友情もアリなんだなぁと思った瞬間!

 

 

友達つくりに婚活してるわけじゃないけど、いい友達に出会えたので今回はヨシとします!

 

 

おしまい

アイドルオタクくん②

★前回のつづき
アイドルオタクくん① - みみ様のお部屋

 

 

ドルオタくんはお酒がまっったく飲めず、みみも合わせてソフドリ飲んでました。

(お酒好きとしては無念…)

 

ご飯食べたとこは雰囲気がよかったせいか、お互いアイドルの話はふらずw

真面目に恋愛感とか語ってました。

感想『女友達多そうだなぁ』

 

 

女慣れしてるけど、友達として慣れてるってかんじでした。

ドルオタくんもみみのことそう感じたんじゃないかなー?

 

ふつうにナチュラルに褒めるの上手だし、帰りもホームまで送ってくれたり、友達なんだけど女の子として大事にしてくれるかんじね!

 

そのあとお茶しにいって、カフェの開放的な空間になった途端アイドルトークが爆発したよねww

あーさっきの店ではカウンターだから遠慮してたのかなってくらい。

二人でわいわいすんのがたのしかったです。

隣の席のサラリーマンに何度も見られたけどw

 

 

そもそも、ドルオタガチ勢の人は彼女欲しいのかな?笑

ももクロのファンの人とかは、もう娘を応援するかのような感じが多いのですが、まだ出てきたてのアイドルは接触イベントもあるし、彼女感覚になるのでは?と思うのです。

 

ライブに着ていく服もね、何万もかけて作る人がいるんです。推しメンの名前が背中にでかでかと入ったやつとかね。

握手会に毎回行って、認知された!とか。ライブ中に指差してもらった!とか。

そんな競い合いがオタクの中にあります。

 

 

ドルオタくんは結婚願望まったくなさそうに見えたな~!

職場の先輩がおこづかい制で三万なのを自分のことのように嘆いていたよw

そうだよね、アイドルのイベントで握手券てにいれる為に○万使うもんね、そりゃ無理だよねwww

旦那がそうだったら…やだな…

キャバクラとはまた違うかんじのね。笑

彼はまだ自由に遊んでればいいと思うわ。うん。

 

 女性のジャニオタの人は、「彼氏なんていりませーん!」なの?

それとも、「彼と○○くん(ジャニーズ)は別!」なの?

気になります。。。

 

※みみの女友達で、Hey!Say!JUMP好きな子がいまして、

友達「Hey!Say!JUMP以上の男がこの世にいない」

って言ってました。笑。

 

 

つづく

アイドルオタクくん①

こんにちは。夢見みみです。

以前書いた、アイドルオタクくんとのその後…。

★詳細↓
婚活パーティへ参戦!中編(ゼクシィ縁結び編) - みみ様のお部屋

 

 

カップリングは別の人としましたが、連絡先交換自由のパーティなのでドルオタくんとは交換してました!

 

カップリングした人としか連絡先交換できないパーティもあるけど、あんなの守らずに聞いてくる人だっているしね…。

スマホだしてLINE交換しよう!ってなると逃げ場がないから、シャンクレールとかホワイトキーの『連絡先カード』『メッセージカード』はほんと助かる。こっちのID教えたくなければ、カード捨てちゃえば終了だもんね。

そういう理由で、連絡先交換がほぼ強制?な街コンは苦手です。

 

余談ですが!

婚活パーティーに来ていたキレイなお姉さんと仲良くなったの。

で、お姉さんがパーティーの時全然ダメだなと思ったけど、あとでLINEしてみたら思いの外盛り上がって、そのまま2年くらい付き合ったみたい!

あの会場だけで判断しちゃうのはもったいないかも~と言ってました。

お姉さん「ま、その彼と別れたからまた婚パきてんだけどね~!ww」

 

パーティーに参加して、この人が一番!(妥協や消去法ではなくw)と思った人とカップリングしても、あれ?ってなって迷走していたので、このお姉さん方式で視野を広げてみることにします!

 

 

話がそれましたが、ドルオタくんとの経緯はこちら……。

 

 

あのパーティーの後からLINEしてます。

ドルオタくんのスペックは…

・30代アラサー

・工場勤務

 

 

ドルオタくん「夢見さん、他の人とカップリングしてたね~」

 

みみ「ドルオタくんはいい人いましたか?」

 

ドルオタくん「最後、夢見さんしか書いてないよ!」

※この台詞は真偽の確かめようがないから、いつもうさんくさいなと思うww

でも、使える作戦だな…と心底思っています。

 

 

最初のころはほんのり好意をほのめかされて、何度かデートもしました。

 

ほぼ毎日のようにLINEして、たまに電話してました。

みみは日常会話があんまり得意じゃないソロ充なので(笑)、ここまでマメに連絡とることはないです。

話をつなげるのがうまいな~って人はたくさんいるけど、ドルオタくんはそうではなく、まぁ共通の話題が大きかった。

もう、LINEと通話の話の8割はアイドル。

※みみは女性アイドルオタクです

 

 

ドルオタくんはDD(=誰でも大好き)で、みみは好きなグループは少な目ですが、今一番推してるグループがいっしょだったので意気投合しました。

 

こんな色気も何もない会話をまさかパーティーで出会った人とするとは…。

 

 

つづく

女ってめんどくさい

先日、男友達から

「女ってめんどくさい…」と言われました。

どうも、夢見みみです。

 

しかしな、女だけではないのよ。

人間関係自体がめんどくさいものなのよ。

 

男友達(以下、リッキー)が言うにはね、あるあるなんですけど

 

なんでもいい→実はこだわりがあってそこからはずれるとすねる

 

別れる!→別れたくない

 

もういい!→ほんとはもうよくなんかない

 

どうしてインスタは更新してるのにラインは返さないの?→わたしに構って構って

 

こじらせ女子が増加しておりみみも恐らくその一人ですが、こじらせ男子もいるのかも?

リッキーはこじらせてると思います。ww

過去のお付き合いした女たちの上記のようないや~なめんどくさ~い部分がトラウマになっているみたいです。

 

みみは昔の記事にも書きましたがプラトニックラブを求めています。※からだの関係を持たずして愛し合うこと

しかし、これがなかなか見つからない。。

 

「みみの気持ちを大切にするから、嫌ならしないよ!」

 

っていう方はけっこういます。

みなさん、素敵な男性じゃないか!と思いますか?思います…よね。

みみはコレ、「あたりまえじゃね…?」て思ってしまいます。はい。

女友達にディスられまくりました。お前はバカかと。

こうしてみると、世の中、下半身で生きてる男のほうが圧倒的に多いんだ…と、絶望と嫌悪感でいっぱいに。げろげろっ!!!

 

そんなの酷だろ!じゃあ付き合うな!

という批判が聞こえてきそうですが、こちらは我慢を求めてるわけじゃないんです。

みみと同じ価値観を持つ人がいればここですれ違わないんです…。

 

過去に言われた台詞で「はぁ?(怒)」なことがいくつか。

※みみはプラトニックラブ希望と伝えてある状態

 

男「朝までいっしょにいたいなぁ(ハート)」

→あわよくば雰囲気に持ち込んでヤリたい、という意味でいいんですよね?男性諸君。これに無理と返すと、

 

男「長い時間いっしょにいたいんだ!」

→なら早朝5時に集合して夜22時解散の健全なデートでもしますかね?そうじゃないんだよね。「夜」「部屋で」「二人きりで」「寝たい」これなんだよね。綺麗事オツ。

 

男「彼女がいるのに、他の女性で抜くのは申し訳ない」

→綺麗事オツ。抜きたきゃ漫画でもDVDでも勝手にすればいい。ごめんなさい、こればっかりは本当に綺麗事にしか聞こえなくて、いっちばん腹立った。オブラートに包まずお前とヤリたい、と言ってくれたほうがマシ。気持ち悪さはいっしょだけど。

 

※この台詞に関してなんですが、リッキーによると前の彼女が風俗はもちろんのこと、漫画・DVDで抜くのも禁止だったそう。リッキーと彼女は週3で会っては関係を持ってたそうだけど…

いやいや20代男子の性欲考えてやんなよww

リッキー「毎回彼女とすんのは疲れるんだよ…。たまには一人でサクッと終わらせたい」

わがままめ!!!

 

 

そんな性欲はソコソコ、風俗にも通っている自称クズ、リッキーからこんなお悩みが。

 

リッキー「部屋によんだだけで『下心がある』と思われるわ、なにもしなかったらしなかったで『女として見られてないのかな…ショック』とか言われるわ…どうすりゃいいの?」

 

確かにこれはめんどくさいww

 

では、みみの個人的な…

☆女性タイプ別性欲チェッカー☆!!!

男→女に一人暮しの部屋に誘ったシチュエーション。

 

・『下心あるんでしょ(嫌悪感)』

→過去になんかあった、または固い。性欲度は低め。

※「下心あるんデショ?♪」とわざわざ嬉しそうに言ってくる子は性欲度高めww

女だってあわよくばを狙ってる子いるからね!草食男子涙目!!

 

・『女として見られてない…』

→じぶんに自信がない、またはその男に好意

を持っている

性欲度は普通。

好きな男だから…ってヤッちゃう子多いよね。大人になると減るもんじゃないし感覚になるのかな…

 

・『一緒に寝よ?』

誠実男子が「俺はソファで寝るからベッド使って」という気遣いをへし折り、誘ってくる肉食ちゃん。性欲度高い。

草食男子も同じベッドに連れ込めばこっちのもんよ。(誰)

中身がまだ肉食になりきれてない女は、ベッドに連れ込んだあとマグロ化します。どうせ男が我慢できなくてしかけてくるっしょ?的な。

完全なる野獣はベッドに入ってきた時点でしかけてきます。ガンバレ誠実男子。負けるな理性。

 

・『○○くんって…安心するね』

性欲度低め。好感度アップ。

そもそも好きでもない男の部屋に一人でノコノコ行く女はいません。馬鹿かヤリ○ン。

行ってみたらあら不思議。誠実男子に胸キュン展開です。

『安心する』は『好き』を使わず愛情を表現できるベストな言葉だと思います。小悪魔ちゃんは息をするように言いますが。

 

・『うーん…家はちょっと。どこか別のところに行かない?』

性欲度低い。ガードが固い、信用がない、好きだからこそ大事に関係を進めようとしている

別になにか提案してきたら今後の付き合い方しだいで性欲度は上げられそう。

 

・『家?無理。』

性欲度ゼロ。もうあきらメロン。。。

 

みみはもちろん…↑最後のコレな。