みみ様のお部屋

わがままお姫様がいろいろもの申すブログ

40代勘違い男①~憧れのイケおじさま~

こんにちは。世間はお盆か~。

はい、お盆ももちろん仕事です。夢見みみです。

 

夏休みにお盆に、国民の休日がたくさんある八月。

なぜ、山の日とかいう謎の日をつくったんだ?!

わたしたち社蓄をこれ以上苦しめないでくれっ…!!

 

シルバーウィークも然り。

 

 

さぁ。今回は元カレシリーズならぬ、「付き合ってもいないシリーズ」です!

みみはこのグレーな関係のほうが多い。

 

この男(以下、原さんとします)は42歳でした。当時みみ22歳。

完全にお父さん。

 

ただ、わりと面食いなみみが気に入ったため40代ですが、見た目は35.6のイケおじさま。

 

出会いは職場で、部署はちがったもののかわいがってくれ、仕事もでき、上司・部下の信頼も熱い人でした。

そりゃあ、よく見えるよね。

 

 

ところがどっこい。こいつはとんでもない地雷だったのです…。

 

まぁ、今思えば、42で地位もお金もあって、顔もいいのになぜか独身…性格に難ありなのも仕方ない。

この人は奥さんがいたとしても惹かれるだろうなってくらい、魅力的な人でした。(過去形)

 

 

原さんは女性社員からの人気絶大。

 

みみはお互いの家が自転車で10分(笑)という距離にあったため、いっしょに帰ったりごはんに行く機会が多かったです。

女性の先輩方に恨まれたりしたな…原さん恐るべし。

 

 

デキ男原さんはデートでもスマート。

会話もたのしいし、帰りは自転車(笑)か車で送ってくれる。

 

告白めいたこともされましたが、彼は特定の彼女は作らないタイプなんでしょうねぇ。

みみも他の男の子とも遊んでましたし、グレーな関係をずっと続けていました。

グレーなのに、ハグ、キス、手をつなぐ…はしちゃってたんですよね。

みみはそういうの厳しかったはずなのに、原さんだけは付き合う前に許してしまいました。

今だに不思議ですが、、、それほど魅力的だったんだろうなとおもいます。

 

 

お互いに都合のいい女、男でした。

みみは仕事で多忙な原さんの癒しになっていたし、みみも寂しい時かまってくれる原さんが支えでした。

 

お互い片手間で会っているので、彼氏彼女感は全くなかったのです。

 

しかし、そんな関係が1ヶ月くらい続くと…

 

つづく!