読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみ様のお部屋

わがままお姫様がいろいろもの申すブログ

友人の恋愛レポート① 

こんばんは、夢見みみです。

 

休みの日でも電話やメールがわんさか来ます。

このまえ、エステにいっていて二時間スマホを見られなかったのですが、スタッフから鬼でんが20件も入っていて驚愕。

※20件でひとりではなく、何人かから電話が来てました

 

スタッフ「おやすみのところすみません~!」

 

ほんとそれな。みみを休ませておくれ~~

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

今回はみみではなく、みみフレンズの体験談です。

みんなけっこうおもしろい恋愛遍歴を持っているので、みなさんにお裾分けできたらな、と。

(友達をネタ扱い)

 

 

今回の話は…そんな明るい話ではございませんのでご了承を!

 

友人のTちゃん。

スタイルがよく、おしゃれな女の子。

シャイで男性との会話が苦手で、つい塩対応をしてしまう、なんとも恋愛不器用な子。

 

Tちゃんは同じ学校に通う男の子と仲良くなりました。

あのTちゃんが、唯一気楽に話せるのがAくんだったのです。

 

なんでTちゃんが心を開いたかというと、今までTちゃんの近寄りがたい雰囲気から、大抵の男性は寄ってきませんでした。

しかし、Aくんはぐいぐい来た。

 

Tちゃんの容姿、性格を褒めるリップサービスがうまく、スキンシップも上手、毎日のようにライン攻撃をしつつ、急に音信不通になるという駆け引きのうまさ、甘えるときに甘え、ここぞという時に男を見せる、恋愛テクニックはなかなかの上級者。

 

~~後日談~~

 

Tちゃん「こんなのさ、恋愛経験ゼロなわたしじゃそりゃーはまるよねwww」

 

爆笑しておりました。今ではよい経験、よい思いでになってるのかな?

 

 

そんなAくんのテクニックにころっと落ちてしまったTちゃん。

 

さあ…。ここからAのクズっぷりがでますよ!!!(もはや呼び捨て)

 

 

Aは毎日のように「Tに会いたい」を連呼。

そしてフットワークが軽いので、

A「今日これから会える?二時間だけ?おっけーおっけーそっちいくわー!」

 

軽っ。(軽蔑の目)

 

こんなに会いたがるもんだから、「わたしのこと好きなのかな?」って思いますよね。

 

心理学で「好意の返報性」というものがあり、好意を示してくれたらその相手に好意を抱く、という研究結果がでているそうです。

 

そのため、恋愛において相手に「このこ、自分のことが好きなのかな?」って思わせることは非常に有効です。

思わせ振りもね。

 

案の定TちゃんはどんどんAにはまり…。

 

ある日、立場が逆転します。

 

毎日のように来ていた「会いたい」ラインがぱったり来なくなります。

 

「どうしたのかな?」

「忙しいのかな?」

「わたしなにかまずいことしたかな?」

「他に気になる子ができたのかな?」

 

どんどん不安になるTちゃん。

 

一気に押して一気に引く、というのはなかなか自信があるひとの使うテクニックだと思います。

押しによわい人もいるけど、押してドン引きされたり、引いたら「じゃあもういいや」って思われてしまったり。

 

まぁ、Aの場合は

「うまくいってもいかなくても、どっちでもいっか~」

ぐらいな感覚だったのでしょう。

 

そしてTちゃんから遊びの誘いをするように…。

 

ここでもAは強かった。

誘いがきたらほぼ100%遊んであげるのです。

これでTちゃんもホッとして、なんだかさらに好きになってしまう。

 

ちょっと冷たくしてから優しくされると、ずっと優しくされていたときより満たされませんか?

こういう心理を知っててAがやっていたとしたら…ほんとクズですね。。。

 

 

二人の中は

Tちゃんがライン→Aが返す→ラリーをしてAが寝オチ→別日にまたTちゃんからライン

こんなかんじに逆転しました。

 

そして、

Tちゃん「遊ぼうよ」→A「いいよ」

この関係。

 

Aはもうわかってたんでしょうね。

この子は俺が誘わなくても、向こうから誘ってくると。

 

その上にたった状態から、さらにTちゃんを突き落とす事態が…。

 

つづく