読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみ様のお部屋

わがままお姫様がいろいろもの申すブログ

婚活パーティへ参戦!前編(ゼクシィ縁結び編)

こんばんは!夢見みみです。

 

元彼くんから連絡があったのですが…。

「やっぱり忘れられない!」って…。

 

どんなに想ってくれても、自分の気持ちって変わらないものですね。

 

だからわたしが今すきな人も、わたしはずっとずっと大好きだけど、その気持ちを迷惑と思っ

てるかもしれないですよね。

 

あーー考えたら悲しくなってきたーーー。

社蓄だから、恋愛にうつつをぬかしている場合じゃないんですけどねっ!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

いつぞやの婚活パーティレポです。

ゼクシィとシャンクレールのコラボパーティ。

 

シャンクレールは婚パよく行く方は聞いたことあると思います。

が、当時よく知らなかったみみ。

「ゼクシィ」という言葉の安心感だけで決めた。笑

あの「ゼクシィ」なら、わたしに相手を与えてくれるはず…!!!

そんなきもちで挑みました。

 

 

場所は銀座。

 

そう。前回の街コンも銀座。

銀座にはきっといい男がいる、という夢をぬぐいきれなかったのです。。。

 

 

男性は28~38歳くらい、女性はほとんど20代だったとおもいます。

なんかギャルっぽい若~~い子もいました。

 

結婚式の二次会みたいな服装の女性、デニムにTシャツの女性とさまざまでした。

…ふつーにワンピか、ふんわりスカートにふんわりブラウスにカーデでいいのでは。。

気合い入れすぎても浮くし、入れなさすぎても場違いになりますよね。

デニムにTシャツの女性はこの回でしか見かけなかったなぁ。

 

男性はもちろんスーツ推奨です!

なんか、私服でこられるとガッカリする。笑

 

 

いろいろ言いましたが、この日みみは15分くらい遅刻しました。笑

開催場所を勘違いしてたんです。ばか~~。

 

「遅れてすみません!」と入ったら、あらまあ、イケメンのスタッフさんがにっこりと。「大丈夫ですよ。(キラキラ)」

この日一番のイケメンだった。

 

荒佐さんのblogにもあるのですが、スタッフが一番かわいく、一番イケメンな法則。なんなんでしょうね。笑

 

 

遅刻してったのに、まさかの始まってすらいなかった。

婚パあるあるですよねw

まぁぎりぎりにいくとプロフィールカードを書く余裕がないので、ちょっぴり早めをおすすめします。

 

みみが到着してすぐくらいにパーティが開始されました。(まさかみみ待ちだったのだろうか…?)

 

自己紹介の回転ずし。

男性の人数が少なく、最初の一回おやすみにしてもらいました。

その間にプロフィールかいてくださいねーって。←さっきのイケメンスタッフ

 

はじめてプロフィールカードを書いたときはあれこれ悩みましたが、場数ふむと書き慣れるもんですねw

スラスラ~~っと書いて次の自己紹介タイムに備えます。

 

そしたら、またイケメンスタッフがやってきた。

 

イケメン「もう書き終わったんですか!はやいですね。婚活パーティ何回か来たことあるんですか?」

 

みみ「いや~…2回めくらい、ですかね?(本当は5回以上ww)」

イケメンに見栄をはるみみ。笑うがいい。

 

イケメン「(みみのプロフィールをみる)あ~、デートで水族館(←ベタすぎるww)いいですね。ボクもいきたいです」

 

みみ(まさかわたしは今、このイケメンと自己紹介タイムということなのか?)

 

この中でいちばんのイケメン!もうこの人とカップリングしたいwww

 

イケメン「ボクは学生時代○○をやっていて…。」

 

本当に自己紹介タイムはじまったぞww

これがイケメンでなかったら、なぜにスタッフと話して体力使わなきゃいけないんだ!って思うに違いない。

イケメンは偉大。

 

 

そんな楽しいサービスタイムwも終わり、本番がやってきた。

 

男A「こんにちは。○番のAともうします。よろしくお願いします。」

 

みみ「夢見みみです。よろしくお願いします。」

 

いや~~わかってた。わかってたよ。

 

おっさんやないか…。

 

さっきまでイケメンと会話してたから、余計残念に見える(失礼)

 

なんか、くたびれたおっさんでした。

髭は濃いし、スーツがぶかぶか?(太ってる?)で、真面目そうな方でしたが、うーん、×かな。

 

※婚活パーティでは最終的にカップリングしたい人の「番号」をかきます。そのため、あらかじめ渡されるメモ帳にその人の特徴を書くのです。

例 男A  ○番 32歳公務員 年収○万 顔× 性格△

こんなかんじ。(うえから目線すみません)

 

みみは年収はよっっっぽど低くなかったら気にしません。

やっぱり、見た目の清潔感と性格かな。。

性格なんてこの一回じゃ計り知れないですけどね。

 

 

男B「よろしくお願いします…。(みみのプロフィールをみる)わ、若いですね…。すみませんおじさんで…。」

 

みみ「いやいや、そんなことないですよ」

 

気弱そ~~なアラフォー男性。

さっきの32歳公務員より全然若くみえる。男性も見た目じゃわかんないもんですね。

 

しかしこのおじさん、女性になれてないのか猫背ぎみでうつむいてしゃべるので、何いってんのかわかんないことが何回かありました。

 

婚活パーティってまわりがガヤガヤしてるから、小声、滑舌が悪いひととは会話になりませんw

 

このひとはずっと語尾に「すみませんおじさんで…。」をつけてきて、鬱陶しくなったので×。

 

長くなりましたので、後編へ。