読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみ様のお部屋

わがままお姫様がいろいろもの申すブログ

リア充と非リアは一緒になれない

こんばんは。夢見みみです。

 

よく「リア充爆発しろ!」という言葉を聞きます。

別に当人たち(非リア)も本当に爆発してほしくていってるわけじゃない。

ただの暇潰しである。

自虐ネタでもある。

そして、リア充たちはこの暴言になんのダメージも受けていない。

WinーWinだ。(リア充にはメリットないが、リア充な時点でWin)

 

ちょっとまえの記事で好きな人ができた、的な話をしましたが、その好きな人は「リア充」です。

そしてみみはというと「ソロ充」です。

 

どこでもひとりでいくし、ひとりでも楽しめる。

もしリア充がお一人様○○をしたとしたら、すぐさまSNSにアップするでしょう。

みみはSNSにもアップせず、友達も誘わず、誰もしらない自分だけのプライベートタイムを過ごすのがすきです。

 

しかしこのSNS

時代の流れは恐ろしいものですね。

 

みみが中学~高校はじめくらいまでは「前略プロフィール」が爆発的に流行りました。

中学三年生のときは、プロフ検索をかけて同じ高校に入学するひとと絡んで、メールして…なんてやってました。

 

そのときは「リアルタイム」という個人で呟けるものがあり、みんなそこに書いてましたね。で、コメントするみたいな。

 

人気な子はバカみたいにアクセス来てるんですよねw

みみも誰がこんなにアクセスしてくれてるんだろう?と「アクセス解析」のリンクを貼って、携帯の機種から「あいつか…」なんて推理したり。

 

 次に高校~大学のはじめは「mixi」ですね。

この頃から今のSNS中毒者が生まれたように思います。

 

FacebookTwitterInstagramもやっていない、非現代っ娘なみみです。

 

なんか、「友達」や「フォロワー」はおおければ多いほうがよい、みたいな風潮が気味が悪くて。

 

Twitterで趣味のあう人と友達になるぶんにはいいと思うのですが、Facebookでよくみる「会ったこともないけど、いいね!欲しさで作った友達」みたいなのがダメです。

そういう女の子が数人いますが、そんな仲良くもない、ぶっちゃけ変な気持ち悪いおじさんから「いいね!」をもらって嬉しいのか?

数ありゃいいのか?

友達の数は質より量なのか?

 

仲良しの子たちに「いいね!」やコメントすると、誰だお前みたいな人から友達リクエストが来たりしますよね。

 

プライバシーもクソもない、と思ってすべて辞めました。

 

街コンなどで出会った人の名前をFacebookで検索して、本人確定する強者がいるらしいですね笑

恐ろしすぎるwやめておいてよかった。

 

みみに出会った方々、検索かけてもいませんよ。

まぁ、みみはけっこうありふれた名前なので何件かヒットはすると思いますが…。

 

 

話がSNSにそれましたが、みみのこの

「友達は狭く深く。量より質。」の考えはソロ充に近いものがあります。

リア充でパリピな人たちはこの真逆でしょう。

 

先日、わたしの恋するリア充くんと電話をしていたときに考え方の差に驚愕しました。

 

みみ「最近どう~?」

 

リア充くん「毎日がめっちゃたのしい。勉強する時間もけっこうとれて、今は○○ていう資格の勉強してる。英会話教室も決めた~。そのあとみんなで毎日のように飲み歩いてるw寝る暇あんまりないけど、楽しすぎてついつい睡眠時間削っちゃう~」

 

うわぁ………。。。

 

リア充くん「そっちは最近どう?」

 

みみ「うん!最近ねー売上とれて予算クリアしたし、順調!」

 

リア充くん「おー、おめでと!他には?」

 

みみ「(他…?)えー、えっとねー。この前美術館いった!」

 

リア充くん「いいね!誰と?」

 

みみ「? ひとりだよ?(美術館はひとりで行くもんじゃ?)」

 

リア充くん「え?なんで?なんでひとりでいくの?友達誘えばよくない?」

 

みみ「うーん…。(別にひとりで行きたいから誘わなかったんだけど…)美術館行きたい人あんまりいないしさー」

 

リア充くん「美術館いきたい!!って人は少ないかもだけどさ、みみがいきたい!!って言ったら友達ならついてきてくれると思うけど。美術館が目的でなくて、みみと過ごすことが目的になるというか。」

 

みみ「え~…いいよ…。ひとりでも楽しかったよ」

 

リア充くん「たのしいかもだけど、その気持ちを誰かと共有したくならない?俺だったら一緒に感動したりしたいなー」

 

見よ。この差を。

 

誰かと共有、だって。

そうか。リア充がやたらSNS更新するのは「誰かと共有」したいからだ。

 

これがリア充と非リアの違いである。

 

いや、みみは自分のこと非リアだとは思ってない。

ひとりでも充実してるもん!

 

きっとこの気持ちはリア充たちには共感してもらえないんだろうな。

別にいいけどね。。。

 

そんなこんなで、好きなひとへの気持ちは薄れ、また仕事人間になろうとしております。

 

 

おしまい