みみ様のお部屋

わがままお姫様がいろいろもの申すブログ

東大卒の理系男子①

こんにちは。夢見みみです。

 

若かりし頃、『スペック』に惹かれて告白をオッケーしてしまい大変苦労しました。

大切なのは心だ!と何度学んでも、イケメンや金持ちに釣られてしまうのは何故…。

 

「性格のいい、悪いなんてわからないんだから、どうせならイケメンか金持ち選ぶよ。ブスを選んで性格悪かったら最悪じゃん!」

↑みみの友人(女)のなかで一番腹黒い子の台詞

 

こんなこと言ってるから、ろくな男に好かれないのよ、わたしたち…。

 

 

さて、今回の彼のスペックはこちら。

 

名前・はやと

東大 理系

某大企業勤め 年収1000万

慎重・体重 170/75 筋肉はそこまでない

顔・中の中

 

見た目はこの通りあまりよくはない。が、婚活においてかなりの高スペックである。

イケメン×弁護士や、イケメン×医者はいかにも怪しい・難ありにみえるが、見た目が中の中というのが絶妙だ。

 

しかしこいつ………。と言葉を失うことが何度もあった。ひとつひとつ書いていこうと思う。

 

・ダサい

 

スペックいいんだし、ダサいくらいモテなくて逆にいいじゃないか。という意見もあった。

だが、センスがないとかいう問題じゃなくてあきらかに場違いなのである。

 

例えば、ドレスコードはないにしてもオシャレなレストランに短パンでくる(しかもダサい)、婚約した友人の披露宴なのにスウェット(しかもダサい)、葬式なのにビジネススーツ(しかもダサい)…。

 

あれ?東大ってバカなの?

と思わず疑ってしまう常識のなさ。

 

あとは、みみが会社の会議でスーツ出社だった日。そのあとデートすることになっていたのですが、

みみ『はやとくん明日私服だよね?時間あるし、家で着替えてからいくね。スーツ動きにくいし、わたしだけスーツなのなんか恥ずかしいし。』

はやと『俺、私服けっこうオフィスカジュアルっぽいから大丈夫だよ。みみちゃんのスーツ姿みたいし!』

みなさん、聞きましたね?彼はオフィスカジュアルと言いました。スーツのみみと並んで歩いて違和感のない服装なんだ、と。

理想↓


f:id:himesamamimi:20170521231416j:image

 

現実

 
f:id:himesamamimi:20170521231426j:image

どこが“オフィスカジュアル”やねぇぇぇん!!!!

 

 

・理屈っぽい?

 

はやと『この前の“おやすみ”スタンプ、ハートマークがついていたけど、それは俺に好意があると受け取っていいのかな?』

※告白オッケーしたあとの話です

 

自分で勝手に意識しとけよぉぉぉ!

 

 

はやと『LINEあんまり好きじゃない?』

みみ『(そうだけど…)どうして?』

はやと『いや、一昨日は“お風呂いくね~”から20分後に返信くれたけど、昨日は52分後だったから。』

シャワーか浸かるかでも違うし、分単位で計るな!!

 

 

・発言がいちいちウザい

 

彼の家へ泊まりへ行ったとき。朝の出来事。

はやと『うわ~~会社の時間だあ~~行きたくない~~~』

みみ『今日行ったら休みでしょ、頑張って!』

はやと『みみちゃんと一緒いたい~~行きたくない~~』

※これが5分は続いた

はよ行け!!!

 

いつ行っても冷蔵庫にはビールしかない。

せめて、卵とか納豆とかさ…。

ケチャップとか、お酢とかもないんです。

ご飯つくろ~ってなって、全部買いそろえたww

みみ『自炊しないの?忙しいか。』

はやと『うん。しない。(即答)』

ちょっとは考えろww『そうだよね~したほうがいいよね~』とか嘘でも言ってみろww

 

はやと『金はあるから、手間暇かけて作る必要ない』

イラッ

 

はやと『あー。今週祝日なしかー。5連勤かー。』

みみ『いいよね、たったの5連勤で。』←14連勤中※社蓄時代

はやと『みみちゃんのが大変だよね。。えらいねすごいね。。。』

みみ『好きな仕事だからなんとかやれてるかな』

はやと『あー、俺は好きでもないけど年収がいいからかなぁ。

14連勤、月休み2日で手取り1○万しかもらっていなかったよ、わたし。

この頃は辛かった……。※今は転職、昇格して休みもとれています!

 

 

・東大なのに

 

東大なのに漢字が読めない。

東大なのに漢字が書けない。

東大なのにパソコンできない。

東大なのに…

 

東大の人を侮辱してるみたいだからやめよう。

そういう意図はなく、『俺、東大だから(ドヤァ)』というわりに頭の悪い部分がちょいちょいでてくる。

東大卒の人に失礼じゃない?とすら思う。

 

 

腹立ってきたので、後半につづく。